contents

CSS2対応状況ガイド:@import

Windows版 Netscape 6:[○]

  • バージョン6.1では、スタイルが取り込まれない場合がある。

Windows版 NC 4.7:[×]

  • バージョン4.01など初期のバージョンでは、フリーズや強制終了の原因となる。

Windows版 IE 6.0:[△]

  • メディアタイプを指定するとスタイルを取り込まない。

Windows版 IE 5.5:[△]

  • メディアタイプを指定するとスタイルを取り込まない。

  • スタイルを指定する文の後に配置しても無視されない。

Windows版 IE 5.0:[△]

  • メディアタイプを指定するとスタイルを取り込まない。

  • スタイルを指定する文の後に配置しても無視されない。

Windows版 IE 4.0:[△]

  • メディアタイプを指定するとスタイルを取り込まない。

  • スタイルを指定する文の後に配置しても無視されない。

  • 「url()」を使わないで指定するとスタイルを取り込まない。(「@import "sample.css"」「@import 'sample.css'」のような指定は無効となる)。

Windows版 IE 3.0:[×]

Macintosh版 IE 5.0:[△]

  • URIの前後に「'」をつけた場合はスタイルを取り込まない。(「@import url('sample.css')」「@import 'sample.css'」のような指定は無効となる)。

  • メディアタイプを指定する場合は、「url()」形式のみ有効(「@import "sample.css" screen」は無効)。

Macintosh版 IE 4.5:[△]

  • URIの前後に「'」をつけた場合はスタイルを取り込まない。(「@import url('sample.css')」「@import 'sample.css'」のような指定は無効となる)。

  • メディアタイプを指定する場合は、「url()」形式のみ有効(「@import "sample.css" screen」は無効)。

  • 「url()」内でURIの前後に「"」をつけた場合はスタイルを取り込まない(「@import url("sample.css")」は無効)。

[テーブル形式の一覧へ戻る] [リスト形式の一覧へ戻る]