contents

【注意】 この文書は、W3Cが勧告として公開している「Web Content Accessibility Guidelines 1.0 (http://www.w3.org/TR/WAI-WEBCONTENT)」の付録文書を、ZSPCが個人的に翻訳したものです。この文書の正式な基準となる文書は、あくまでW3Cのサイト内にある英語版であり、この文書には翻訳上の間違いや不適切な表現が含まれている可能性がありますのでご注意ください。

[ZSPCホーム] [ZSPC資料集]

W3C

ウェブコンテンツ・アクセシビリティ・ガイドライン 1.0
チェックポイント・リスト

本版オリジナル:
http://www.w3.org/TR/1999/WAI-WEBCONTENT-19990505/checkpoint-list
(プレーンテキスト形式PostScript形式PDF形式)
この文書は次の文書の付録を翻訳したものです:
http://www.w3.org/TR/1999/WAI-WEBCONTENT-19990505
ウェブコンテンツ・アクセシビリティ・ガイドライン1.0の最新版:
http://www.w3.org/TR/WAI-WEBCONTENT
オリジナル版編集者:
Wendy Chisholm, Trace R & D Center, University of Wisconsin -- Madison
Gregg Vanderheiden, Trace R & D Center, University of Wisconsin -- Madison
Ian Jacobs, W3C

概要

この文書は、W3Cの「ウェブコンテンツ・アクセシビリティ・ガイドライン1.0」の付録文書です。内容は、ウェブコンテンツ制作者がチェックリストとして利用できるように、ウェブコンテンツ・アクセシビリティ・ガイドライン1.0のすべてのチェックポイントをテーマ別にまとめた一覧となっています。基本的な情報、関連文書、用語解説などについては、ガイドラインの文書を参照してください。

この一覧は、ページやサイト全体のアクセシビリティをレビューする際に利用することができます。各チェックポイントについて、「満たしている」、「満たしていない」、「該当しない」のどれに該当するかを確認してください。

他に表形式のチェックポイント一覧(印刷用)も用意されています。

この文書は、Web Accessibility Initiative の一部として制作されたものです。WAI Web Content Guidelines Working Group の目的については、Working Group charter に記載されています。

この文書の位置付け

この文書は、W3Cのメンバーとその他の方々によって検討され、その管理者によってW3C勧告として是認された文書の付録文書です。したがって、この文書は最終的に完成したものであり、参照資料として利用したり、規準となる参考資料として引用することが認められています。勧告文書を制作するに当たってのW3Cの役割は、仕様に対しての注意を引いて、それを広く普及させることです。それによって、ウェブの機能性と普遍性を向上させることになります。

現在のW3C勧告文書の一覧と他の技術文書については、http://www.w3.org/TR を参照してください。

この文書は、Web Accessibility Initiative の一部として制作されたものです。WAI Web Content Guidelines Working Group の目的については、Working Group charter に記載されています。

この文書に関するコメントは、wai-wcag-editor@w3.org までお寄せください。


優先度

各チェックポイントには、ワーキンググループによって割り当てられた、チェックポイントのアクセシビリティに与える影響に基づく優先度があります。

[優先度1]
ウェブコンテンツ制作者は、このチェックポイントを満たさなければなりません。そうしないと、その文書の情報にアクセスできない人達が出てきます。このチェックポイントを満たすことは、ある特定の人々がウェブ文書を利用できるようにするために基本的に要求されることです。
[優先度2]
ウェブコンテンツ制作者は、このチェックポイントを満たすべきです。そうしないと、その文書の情報にアクセスするのが難しい人達が出てきます。このチェックポイントを満たすことは、ウェブ文書にアクセスする上での重要な障害を取り除くことになります。
[優先度3]
ウェブコンテンツ制作者は、このチェックポイントに取り組むことが望まれます。そうしないと、その文書の情報にアクセスするのが多少難しい人達が出てきます。このチェックポイントを満たすことは、ウェブ文書へのアクセス性を向上させます。

いくつかのチェックポイントは、特定の状況下において優先度が変わるものもあります(その場合は、その旨示されています)。

優先度1のチェックポイント

全般 (優先度1)

画像やイメージマップを使用している場合 (優先度1)

テーブルを使用している場合 (優先度1)

フレームを使用している場合 (優先度1)

アプレットやスクリプトを使用している場合 (優先度1)

マルチメディア的な表現を使用している場合 (優先度1)

他のチェックポイントが満たせない場合 (優先度1)

優先度2のチェックポイント

全般 (優先度2)

テーブルを使用している場合 (優先度2)

フレームを使用している場合 (優先度2)

フォームを使用している場合 (優先度2)

アプレットやスクリプトを使用している場合 (優先度2)

優先度3のチェックポイント

全般 (優先度3)

画像やイメージマップを使用している場合 (優先度3)

テーブルを使用している場合 (優先度3)

フォームを使用している場合 (優先度3)