contents

SUPER HTML4.0 REFERENCE

ZSPC Home ZSPC Home

スクリプト

SCRIPT

- 開始タグ:省略不可 終了タグ:省略不可 -

【説明】

この要素は、文書中にスクリプトを組み込みます。スクリプト自体は、この要素の内容として記述することも、別ファイルとして用意しておくこともできます。「src」属性が指定されている場合には、要素内容は無視されて、指定されたURIのスクリプトを読み込みます。この要素は、HTML文書中のHEAD要素とBODY要素の範囲に何回でも記述することができます。

スクリプトの文法は、使用するスクリプト言語によってそれぞれ異なります。スクリプト言語を使用する場合には、HEAD要素内でMETA要素を使用して、その文書中のデフォルトの言語を設定しておいてください。デフォルトの言語を設定しないで、イントリンシック・イベント(onclick、onmouseover など)を文書中の要素に組み込むのは正しいやり方ではありません。

【属性】

type = コンテント・タイプ (CI) 【必須】
この要素内に記述するスクリプト言語のコンテント・タイプを指定します。例えばJavaScriptの場合には「text/javascript」と指定します。この属性に対するデフォルト値はありません。
src = URI (CT)
スクリプトを記述した別ファイルのURIを指定します。
defer (CI)
この要素内のスクリプトが、文書の内容となるものを一切生成しない(例えば、"document.write" などを使用していない)ことを表わします。これを指定することによって、この部分のロードが完了する前に後に続く内容を表示することができます。画像のプリロードをする場合などにも有用です。
charset = 文字コードセット (CI)
src属性で示される文書の文字コードセットを指定します。(SCRIPT要素の内容の文字コードセットではありません)
※この属性は廃止される予定です。
language = CDATA (CI)
この要素内に記述するスクリプト言語を識別子(例:JavaScript、JavaScript1.1、JavaScript1.2)で指定します。ここで指定される識別子は標準のものではないため、この属性は廃止される予定です。代わりにtype属性を使用します。

【DTD】  Strict DTD

<!ELEMENT SCRIPT - - %Script; -- script statements -->
<!ATTLIST SCRIPT
  charset %Charset; #IMPLIED -- char encoding of linked resource --
  type %ContentType; #REQUIRED -- content type of script language --
  language CDATA #IMPLIED -- predefined script language name --
  src %URI; #IMPLIED -- URI for an external script --
  defer (defer) #IMPLIED -- UA may defer execution of script --
>

【使用例】

以下の例は、文書中のデフォルトのスクリプト言語をJavaScriptに設定します。

<HEAD>
・・・
<META http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">
・・・
</HEAD>

以下は、そのページが他のページのフレーム内に表示された場合に、フレームを解除してトップに表示するJavaScriptの例です。

<SCRIPT type="text/javascript">
<!--
if (self != top)
  top.location.href = self.location.href;
// -->
</SCRIPT>

NOSCRIPT

- 開始タグ:省略不可 終了タグ:省略不可 -

【説明】

この要素は、スクリプトが実行できない状況の時に、代わりに表示する内容を示します。つまり、使用しているブラウザがそのスクリプト言語をサポートしていない場合や、ユーザーがそのスクリプト言語を実行しないように設定している場合にのみ表示させる内容を記述しておきます。

【属性】

id = NAME (CS)

class = CDATAリスト (CS)

lang = 言語コード (CI)

dir = LTR | RTL (CI)

title = テキスト (CS)

style = スタイルシート (CN)

・onclick = スクリプト (CT)
 ondblclick = スクリプト (CT)
 onmousedown = スクリプト (CT)
 onmouseup = スクリプト (CT)
 onmouseover = スクリプト (CT)
 onmousemove = スクリプト (CT)
 onmouseout = スクリプト (CT)
 onkeypress = スクリプト (CT)
 onkeydown = スクリプト (CT)
 onkeyup = スクリプト (CT)

【DTD】  Strict DTD

<!ELEMENT NOSCRIPT - - (%block;)+ -- alternate content container for non script-based rendering -->
<!ATTLIST NOSCRIPT
  %attrs; -- %coreattrs, %i18n, %events --
>

【使用例】

<SCRIPT type="text/javascript">
<!--
・・・
// -->
</SCRIPT>
<NOSCRIPT>
・・・
</NOSCRIPT>

| はじめに | HTML4.0について | 全体構造 |
| テキスト | リスト | テーブル | リンク | 画像・オブジェクト |
| 言語情報・文字方向 | スタイルシート | レイアウト・スタイル |
| フレーム | フォーム | スクリプト |

E-mail:webmaster@zspc.com