contents

SUPER HTML4.0 REFERENCE

ZSPC Home ZSPC Home

フレーム

FRAMESET

- 開始タグ:省略不可 終了タグ:省略不可 -

【説明】

この要素は、ウインドウを複数の四角い枠(フレーム)に分割するレイアウトを設定します。通常のHTML文書は、HEAD要素とBODY要素から構成されますが、フレームのレイアウトを設定する文書はHEAD要素とFRAMESET要素で構成されます。つまり、通常BODY要素があるべき部分に代わりにFRAMESET要素を配置することになります。FRAMESET要素の前にBODY要素内で使用される要素が配置された場合は、FRAMESET要素は無視されますので注意してください。この要素は何重にも入れ子にして使用することができます。

フレームを定義する文書中のHEAD要素の中で、OBJECT要素の「id」属性を使用してデータに名前をつけておくと、各フレーム文書でそのデータを共有して参照することができます。また、この要素内にNOFRAMES要素を配置しておくと、フレームをサポートしていないブラウザやフレームを表示しないように設定しているユーザー用に、別の内容を用意しておくことができます。

【属性】

rows = MULTILENGTH (CN)
横方向の列として分割するフレームの各高さを上から順に指定します。各高さは、値を「,」で区切って指定します。ピクセル・パーセントの他に、整数の後に「*」を付けた割合指定をすることができます。デフォルト値は、100%(横方向の列は1つ)です。
cols = MULTILENGTH (CN)
縦方向の列として分割するフレームの各幅を左から順に指定します。各幅は、値を「,」で区切って指定します。ピクセル・パーセントの他に、整数の後に「*」を付けた割合指定をすることができます。デフォルト値は、100%(縦方向の列は1つ)です。

id = NAME (CS)

class = CDATAリスト (CS)

title = テキスト (CS)

style = スタイルシート (CN)

・onload = スクリプト (CT)
 onunload = スクリプト (CT)

【DTD】  Frameset DTD

<![ %HTML.Frameset; [
<!ELEMENT FRAMESET - - ((FRAMESET|FRAME)+ & NOFRAMES?) -- window subdivision-->
<!ATTLIST FRAMESET
  %coreattrs; -- id, class, style, title --
  rows %MultiLengths; #IMPLIED -- list of lengths, default: 100% (1 row) --
  cols %MultiLengths; #IMPLIED -- list of lengths, default: 100% (1 col) --
  onload %Script; #IMPLIED -- all the frames have been loaded --
  onunload %Script; #IMPLIED -- all the frames have been removed --
>
]]>

【使用例】

このページは、以下のようにフレーム分けされています。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN"
 "http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd">
<HTML lang="ja">
<HEAD>
・・・
</HEAD>
<FRAMESET rows="54,*">
  ・・・
  <FRAMESET cols="210,*">
    <FRAMESET rows="*,40">
      ・・・
    </FRAMESET>
    ・・・
  </FRAMESET>
  ・・・
</FRAMESET>
</HTML>

FRAME

- 開始タグ:省略不可 終了タグ:なし -

【説明】

この要素は、FRAMESET要素によって分割された各フレームの内容と表示方法を設定します。この要素は必ずFRAMESET要素内に記述されなければなりません。また、フレームの内容として、フレームを定義している元の文書を含むことはできません。

【属性】

name = CDATA (CI)
フレームの名前を指定します。
longdesc = URI (CT)
title属性で指定する短い説明を補うものとして、フレームに対する長い説明のあるURIを指定します。特に音声や点字などで表現される環境において有用です。
src = URI (CT)
フレームに最初に表示される内容のURIを指定します。
noresize (CI)
フレームの大きさがリサイズされないようにする指定です。
scrolling = auto | yes | no (CI)
フレーム内のスクロールに関する指定を行います。
frameborder = 1 | 0 (CN)
このフレームに隣接するフレームとの境界枠を表示するかどうかを指定します。
marginwidth = PIXELS (CN)
フレーム内の左右のマージンをピクセルで指定します。値は1ピクセルより大きくなければなりません。デフォルト値は、ブラウザによって異なります。
marginheight = PIXELS (CN)
フレーム内の上下のマージンをピクセルで指定します。値は1ピクセルより大きくなければなりません。デフォルト値は、ブラウザによって異なります。

id = NAME (CS)

class = CDATAリスト (CS)

title = テキスト (CS)

style = スタイルシート (CN)

【DTD】  Frameset DTD

<![ %HTML.Frameset; [
<!-- reserved frame names start with "_" otherwise starts with letter -->
<!ELEMENT FRAME - O EMPTY -- subwindow -->
<!ATTLIST FRAME
  %coreattrs; -- id, class, style, title --
  longdesc %URI; #IMPLIED -- link to long description (complements title) --
  name CDATA #IMPLIED -- name of frame for targetting --
  src %URI; #IMPLIED -- source of frame content --
  frameborder (1|0) 1 -- request frame borders? --
  marginwidth %Pixels; #IMPLIED -- margin widths in pixels --
  marginheight %Pixels; #IMPLIED -- margin height in pixels --
  noresize (noresize) #IMPLIED -- allow users to resize frames? --
  scrolling (yes|no|auto) auto -- scrollbar or none --
>
]]>

【使用例】

このページの例です。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN"
 "http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd">
<HTML lang="ja">
<HEAD>
・・・
</HEAD>
<FRAMESET rows="54,*">
  <FRAME src="title.html" name="title" title="タイトル"
   scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0">
  <FRAMESET cols="210,*">
    <FRAMESET rows="*,40">
      <FRAME src="elmntlist.html" name="menu" 
       title="メニュー" marginwidth="6" marginheight="6">
      <FRAME src="jumpmenu.html" name="popupmenu" 
       title="ポップアップメニュー" scrolling="no"
       marginwidth="0" marginheight="6">
    </FRAMESET>
    <FRAME src="cover.html" name="contents" title="コンテンツ"
     marginwidth ="10" marginheight="10">
  </FRAMESET>
  <NOFRAMES>
  <BODY>
  ・・・
  </BODY>
  </NOFRAMES>
</FRAMESET>
</HTML>

NOFRAMES

- 開始タグ:省略不可 終了タグ:省略不可 -

【説明】

この要素は、フレームが表示されない状態の時に、代わりに表示する内容を示します。この要素は、フレームを定義する文書中のFRAMESET要素内に配置することもできます。(Transitional DTDでは、一般的なブロックレベル要素としても定義されています。)

【属性】

id = NAME (CS)

class = CDATAリスト (CS)

lang = 言語コード (CI)

dir = LTR | RTL (CI)

title = テキスト (CS)

style = スタイルシート (CN)

・onclick = スクリプト (CT)
 ondblclick = スクリプト (CT)
 onmousedown = スクリプト (CT)
 onmouseup = スクリプト (CT)
 onmouseover = スクリプト (CT)
 onmousemove = スクリプト (CT)
 onmouseout = スクリプト (CT)
 onkeypress = スクリプト (CT)
 onkeydown = スクリプト (CT)
 onkeyup = スクリプト (CT)

【DTD】  Frameset DTD

<!ENTITY % flow "%block; | %inline;">
<![ %HTML.Frameset; [
<!ENTITY % noframes.content "(BODY) -(NOFRAMES)">
]]>

<!ENTITY % noframes.content "(%flow;)*">

<!ELEMENT NOFRAMES - - %noframes.content; -- alternate content container for non frame-based rendering -->
<!ATTLIST NOFRAMES
  %attrs; -- %coreattrs, %i18n, %events --
>

【使用例】

このページの例です。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN"
 "http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd">
<HTML lang="ja">
<HEAD>
・・・
</HEAD>
<FRAMESET rows="54,*">
  <FRAME src="title.html" name="title" title="タイトル"
   scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0">
  <FRAMESET cols="210,*">
    <FRAMESET rows="*,40">
      <FRAME src="elmntlist.html" name="menu" 
       title="メニュー" marginwidth="6" marginheight="6">
      <FRAME src="jumpmenu.html" name="popupmenu" 
       title="ポップアップメニュー" scrolling="no"
       marginwidth="0" marginheight="6">
    </FRAMESET>
    <FRAME src="cover.html" name="contents" title="コンテンツ"
     marginwidth ="10" marginheight="10">
  </FRAMESET>
  <NOFRAMES>
  <BODY>
  ・・・
  </BODY>
  </NOFRAMES>
</FRAMESET>
</HTML>

IFRAME

- 開始タグ:省略不可 終了タグ:省略不可 -

【説明】

この要素を使用すると、文章の中にインラインのフレームを配置することができます。ただし、この要素で作成されたフレームの大きさは変更することができません。フレーム内には、この要素の「src」属性で指定された内容が表示されます。要素の内容は、フレームをサポートしていないブラウザを使用している場合や、フレームを表示しないように設定している場合にのみ表示されます。OBJECT要素を使用しても同様な表示をすることはできますが、ターゲットとして指定したり、選択された状態にすることはできません。

【属性】

name = CDATA (CI)
インライン・フレームの名前を指定します。
longdesc = URI (CT)
title属性で指定する短い説明を補うものとして、インライン・フレームに対する長い説明のあるURIを指定します。特に音声や点字などで表現される環境において有用です。
src = URI (CT)
インライン・フレームに最初に表示される内容のURIを指定します。
scrolling = auto | yes | no (CI)
インライン・フレーム内のスクロールに関する指定を行います。
frameborder = 1 | 0 (CN)
インライン・フレームの枠を表示するかどうかを指定します。
marginwidth = PIXELS (CN)
インライン・フレーム内の左右のマージンをピクセルで指定します。値は1ピクセルより大きくなければなりません。デフォルト値は、ブラウザによって異なります。
marginheight = PIXELS (CN)
インライン・フレーム内の上下のマージンをピクセルで指定します。値は1ピクセルより大きくなければなりません。デフォルト値は、ブラウザによって異なります。
width = LENGTH (CN)
インライン・フレームの横幅を指定します。
height = LENGTH (CN)
インライン・フレームの高さを指定します。
※この属性は廃止される予定です。
align = left | center | right | justify (CI)
インライン・フレームの行揃えを指定します。

id = NAME (CS)

class = CDATAリスト (CS)

title = テキスト (CS)

style = スタイルシート (CN)

【DTD】  Transitional DTD

<!ENTITY % flow "%block; | %inline;">
<!ELEMENT IFRAME - - (%flow;)* -- inline subwindow -->
<!ATTLIST IFRAME
  %coreattrs; -- id, class, style, title --
  longdesc %URI; #IMPLIED -- link to long description (complements title) --
  name CDATA #IMPLIED -- name of frame for targetting --
  src %URI; #IMPLIED -- source of frame content --
  frameborder (1|0) 1 -- request frame borders? --
  marginwidth %Pixels; #IMPLIED -- margin widths in pixels --
  marginheight %Pixels; #IMPLIED -- margin height in pixels --
  scrolling (yes|no|auto) auto -- scrollbar or none --
  align %IAlign; #IMPLIED -- vertical or horizontal alignment --
  height %Length; #IMPLIED -- frame height --
  width %Length; #IMPLIED -- frame width --
>

【使用例】

<IFRAME src="abc.html" width="280" height="120" scrolling="auto" frameborder="1">
この部分には、インライン・フレームを使用しています。別ページでも<A href="abc.html">その内容</A>を参照できます。
</IFRAME>

| はじめに | HTML4.0について | 全体構造 |
| テキスト | リスト | テーブル | リンク | 画像・オブジェクト |
| 言語情報・文字方向 | スタイルシート | レイアウト・スタイル |
| フレーム | フォーム | スクリプト |

E-mail:webmaster@zspc.com