contents

SUPER HTML4.0 REFERENCE

ZSPC Home ZSPC Home

テーブル(表)

TABLE

- 開始タグ:省略不可 終了タグ:省略不可 -

【説明】

この要素は、その範囲が表であることを示します。表を構成する要素は、すべてこの要素内に記述されます。その表の縦の列に関する情報を適切に与えることによって、表全体がロードされる前に、横一列ずつ表示されるようにすることができます。

単に文書をレイアウトする目的で、表を使用するべきではありません。そのような目的で使用された表は、音声で内容を表現する場合などに問題を引き起こします。レイアウトを指定するためにはスタイルシートを利用してください。

【属性】

summary = テキスト (CS)
表の意図や構造の概要を記述します。音声や点字によって内容を表現する場合などに利用されます。
width = LENGTH (CN)
表全体の横幅を指定します。
frame = void | above | below | hsides | lhs | rhs | vsides | box | border (CI)
表全体を囲う枠のうち、上下左右のどの枠を表示させるかを指定します。
rules = none | groups | rows | cols | all (CI)
表の中のセルを区切る線のうち、どの線が表示されるかを指定します。
border = PIXELS (CN)
表全体を囲う枠の太さをピクセル単位で指定します。
cellspacing = LENGTH (CN)
表全体を囲う枠とセルの間隔、セルとセルの間隔を指定します。つまり、1つのセルで見ると、セルのまわりの間隔ということになります。
cellpadding = LENGTH (CN)
セル自体とその内容との間隔を指定します。
※この属性は廃止される予定です。
align = left | center | right (CI)
表を表示する横方向の位置を指定します。
※この属性は廃止される予定です。
bgcolor = (CI)
表全体の背景色を指定します。

id = NAME (CS)

class = CDATAリスト (CS)

lang = 言語コード (CI)

dir = LTR | RTL (CI)

title = テキスト (CS)

style = スタイルシート (CN)

・onclick = スクリプト (CT)
 ondblclick = スクリプト (CT)
 onmousedown = スクリプト (CT)
 onmouseup = スクリプト (CT)
 onmouseover = スクリプト (CT)
 onmousemove = スクリプト (CT)
 onmouseout = スクリプト (CT)
 onkeypress = スクリプト (CT)
 onkeydown = スクリプト (CT)
 onkeyup = スクリプト (CT)

【DTD】  Strict DTD

<!ELEMENT TABLE - - (CAPTION?, (COL*|COLGROUP*), THEAD?, TFOOT?, TBODY+)>
<!ATTLIST TABLE -- table element --
  %attrs; -- %coreattrs, %i18n, %events --
  summary %Text; #IMPLIED -- purpose/structure for speech output--
  width %Length; #IMPLIED -- table width --
  border %Pixels; #IMPLIED -- controls frame width around table --
  frame %TFrame; #IMPLIED -- which parts of frame to render --
  rules %TRules; #IMPLIED -- rulings between rows and cols --
  cellspacing %Length; #IMPLIED -- spacing between cells --
  cellpadding %Length; #IMPLIED -- spacing within cells --
>

【使用例】

<TABLE border="1" summary="この表は、私の今月の釣果を示します。魚の種類に対して、その最大サイズと釣った日付が記入されています。">
<CAPTION>今月の釣果</CAPTION>
<TR>
<TH>魚の種類</TH>
<TH>最大サイズ</TH>
<TH>日付</TH>
</TR>
<TR>
<TD>メバル</TD>
<TD>28cm</TD>
<TD>4月10日</TD>
</TR>
<TR>
<TD>アイナメ</TD>
<TD>34cm</TD>
<TD>4月19日</TD>
</TR>
<TR>
<TD>ホッケ</TD>
<TD>47cm</TD>
<TD>4月26日</TD>
</TR>
</TABLE>

CAPTION

- 開始タグ:省略不可 終了タグ:省略不可 -

【説明】

この要素は、表のタイトル(キャプション)を示します。TABLE要素の開始タグの直後に1つだけ設定することができます。要素の内容としては、その表が具体的にどのようなものかを示すものを記述します。

【属性】

※この属性は廃止される予定です。
align = top | bottom | left | right (CI)
表に対するキャプションの位置を指定します。

id = NAME (CS)

class = CDATAリスト (CS)

lang = 言語コード (CI)

dir = LTR | RTL (CI)

title = テキスト (CS)

style = スタイルシート (CN)

・onclick = スクリプト (CT)
 ondblclick = スクリプト (CT)
 onmousedown = スクリプト (CT)
 onmouseup = スクリプト (CT)
 onmouseover = スクリプト (CT)
 onmousemove = スクリプト (CT)
 onmouseout = スクリプト (CT)
 onkeypress = スクリプト (CT)
 onkeydown = スクリプト (CT)
 onkeyup = スクリプト (CT)

【DTD】  Strict DTD

<!ELEMENT CAPTION - - (%inline;)* -- table caption -->
<!ENTITY % CAlign "(top|bottom|left|right)">

<!ATTLIST CAPTION
  %attrs; -- %coreattrs, %i18n, %events --
>

【使用例】

<TABLE border="1" summary="この表は、私の今月の釣果を示します。魚の種類に対して、その最大サイズと釣った日付が記入されています。">
<CAPTION>今月の釣果</CAPTION>
<TR>
<TH>魚の種類</TH>
<TH>最大サイズ</TH>
<TH>日付</TH>
</TR>
<TR>
<TD>メバル</TD>
<TD>28cm</TD>
<TD>4月10日</TD>
</TR>
<TR>
<TD>アイナメ</TD>
<TD>34cm</TD>
<TD>4月19日</TD>
</TR>
<TR>
<TD>ホッケ</TD>
<TD>47cm</TD>
<TD>4月26日</TD>
</TR>
</TABLE>

TR

- 開始タグ:省略不可 終了タグ:省略可 -

【説明】

この要素は、表を構成するセルの横方向の一列を表わします。

【属性】

align = left | center | right | justify | char (CI)
セルに含まれるデータの行揃えを指定します。
valign = top | middle | bottom | baseline (CI)
セルに含まれるデータの縦方向の位置を指定します。
char = 任意の1文字 (CN)
align属性の値としてcharを指定した場合の、位置を揃える文字を指定します。デフォルトは、その範囲のlang属性で指定される言語での小数点を表わす文字(一般的にはピリオド)です。
charoff = LENGTH (CN)
align属性の値としてcharを指定した場合の、セルの端から位置を揃える文字までの距離を指定します。位置を揃える文字が含まれない場合には、文末がその位置に揃えられます。
※この属性は廃止される予定です。
bgcolor = (CI)
横方向の列の背景色を指定します。

id = NAME (CS)

class = CDATAリスト (CS)

lang = 言語コード (CI)

dir = LTR | RTL (CI)

title = テキスト (CS)

style = スタイルシート (CN)

・onclick = スクリプト (CT)
 ondblclick = スクリプト (CT)
 onmousedown = スクリプト (CT)
 onmouseup = スクリプト (CT)
 onmouseover = スクリプト (CT)
 onmousemove = スクリプト (CT)
 onmouseout = スクリプト (CT)
 onkeypress = スクリプト (CT)
 onkeydown = スクリプト (CT)
 onkeyup = スクリプト (CT)

【DTD】  Strict DTD

<!ELEMENT TR - O (TH|TD)+ -- table row -->
<!ATTLIST TR -- table row --
  %attrs; -- %coreattrs, %i18n, %events --
  %cellhalign; -- horizontal alignment in cells --
  %cellvalign; -- vertical alignment in cells --
>

【使用例】

<TABLE border="1" summary="この表は、私の今月の釣果を示します。魚の種類に対して、その最大サイズと釣った日付が記入されています。">
<CAPTION>今月の釣果</CAPTION>
<TR>
<TH>魚の種類</TH>
<TH>最大サイズ</TH>
<TH>日付</TH>
</TR>
<TR>
<TD>メバル</TD>
<TD>28cm</TD>
<TD>4月10日</TD>
</TR>
<TR>
<TD>アイナメ</TD>
<TD>34cm</TD>
<TD>4月19日</TD>
</TR>
<TR>
<TD>ホッケ</TD>
<TD>47cm</TD>
<TD>4月26日</TD>
</TR>
</TABLE>

TH

- 開始タグ:省略不可 終了タグ:省略可 -

【説明】

この要素は、表を構成するセルのうち、特に列のタイトルを表わすヘッダの役割をするセルを表わします。これに対してTD要素は、内容としてデータを持つセルを表わします。ただし、表の形態によってはデータセルとヘッダセルを明確に分類できない場合もあります。そのような場合にはTD要素を使用してください。

この要素は、セル内にデータ(内容)を含まない空要素にすることもできます。また、「rowspan」属性や「colspan」属性を使用すると、縦または横方向に複数のセルを連結して1つのセルにすることができます。

【属性】

headers = IDREFS (CS)
データセルに対応するヘッダセルを指定します。この属性の値には、ヘッダセルで指定されているID属性の値を(複数ある場合は)スペースで区切ったリストを記述します。この属性は、表が音声で表現される場合(各データの前にヘッダが読み上げられる)や、スタイルシートなどに利用されます。
scope = row | col | rowgroup | colgroup (CI)
ヘッダセルのヘッダとしての情報が該当するセルの範囲を指定します。単純な形式の表の場合には、headers属性よりもこの属性を利用すると便利です。
abbr = テキスト (CS)
セルの内容を省略した短い形で記述します。例えば、表が音声で表現される場合には、列のタイトルと各データの繰り返しで読み上げられますが、そのような場合に利用される短い表現を記述しておきます。また、表を表示するためのじゅうぶんなスペースがないような場合にも、ここで指定した省略形が利用されます。
axis = CDATA (CI)
セルをカテゴリー分けできるように、カテゴリー名を指定します。「,」で区切って複数のカテゴリー名を記述することもできます。主にヘッダセルに対して使用され、headers属性やscope属性によって他のセルと関連付けられます。各セルをカテゴリーに分けることによって、例えば音声で表を表現する場合などに、必要な部分のみを抜き出して読み上げさせるようなことが可能になります。
rowspan = NUMBER (CN)
このセルから、指定された数の下方向のセルを連結して1つのセルにします。デフォルト値は1です。0が指定された場合には、このセルから同じセクション(THEAD, TBODY, TFOOT)内の一番下までのセルを連結します。
colspan = NUMBER (CN)
このセルから、指定された数の右方向(言語によっては左方向)のセルを連結して1つのセルにします。デフォルト値は1です。0が指定された場合には、このセルから同じグループ(COLGROUP)内の一番右までのセルを連結します。
align = left | center | right | justify | char (CI)
セルに含まれるデータの行揃えを指定します。
valign = top | middle | bottom | baseline (CI)
セルに含まれるデータの縦方向の位置を指定します。
char = 任意の1文字 (CN)
align属性の値としてcharを指定した場合の、位置を揃える文字を指定します。デフォルトは、その範囲のlang属性で指定される言語での小数点を表わす文字(一般的にはピリオド)です。
charoff = LENGTH (CN)
align属性の値としてcharを指定した場合の、セルの端から位置を揃える文字までの距離を指定します。位置を揃える文字が含まれない場合には、文末がその位置に揃えられます。
※この属性は廃止される予定です。
nowrap (CI)
セル内の文字を自動的に改行しないように設定します。このような設定は、スタイルシートで行うようにしてください。
※この属性は廃止される予定です。
width = PIXELS (CN)
セルの幅をピクセル単位で指定します。
※この属性は廃止される予定です。
height = PIXELS (CN)
セルの高さをピクセル単位で指定します。
※この属性は廃止される予定です。
bgcolor = (CI)
横方向の列の背景色を指定します。

id = NAME (CS)

class = CDATAリスト (CS)

lang = 言語コード (CI)

dir = LTR | RTL (CI)

title = テキスト (CS)

style = スタイルシート (CN)

・onclick = スクリプト (CT)
 ondblclick = スクリプト (CT)
 onmousedown = スクリプト (CT)
 onmouseup = スクリプト (CT)
 onmouseover = スクリプト (CT)
 onmousemove = スクリプト (CT)
 onmouseout = スクリプト (CT)
 onkeypress = スクリプト (CT)
 onkeydown = スクリプト (CT)
 onkeyup = スクリプト (CT)

【DTD】  Strict DTD

<!ENTITY % flow "%block; | %inline;">
<!ELEMENT (TH|TD) - O (%flow;)* -- table header cell, table data cell-->

<!-- Scope is simpler than axes attribute for common tables -->
<!ENTITY % Scope "(row|col|rowgroup|colgroup)">

<!-- TH is for headers, TD for data, but for cells acting as both use TD -->
<!ATTLIST (TH|TD) -- header or data cell --
  %attrs; -- %coreattrs, %i18n, %events --
  abbr %Text; #IMPLIED -- abbreviation for header cell --
  axis CDATA #IMPLIED -- comma-separated list of related headers--
  headers IDREFS #IMPLIED -- list of id's for header cells --
  scope %Scope; #IMPLIED -- scope covered by header cells --
  rowspan NUMBER 1 -- number of rows spanned by cell --
  colspan NUMBER 1 -- number of cols spanned by cell --
  %cellhalign; -- horizontal alignment in cells --
  %cellvalign; -- vertical alignment in cells --
>

【使用例】

<TABLE border="1" summary="この表は、私の今月の釣果を示します。魚の種類に対して、その最大サイズと釣った日付が記入されています。">
<CAPTION>今月の釣果</CAPTION>
<TR>
<TH>魚の種類</TH>
<TH>最大サイズ</TH>
<TH>日付</TH>
</TR>
<TR>
<TD>メバル</TD>
<TD>28cm</TD>
<TD>4月10日</TD>
</TR>
<TR>
<TD>アイナメ</TD>
<TD>34cm</TD>
<TD>4月19日</TD>
</TR>
<TR>
<TD>ホッケ</TD>
<TD>47cm</TD>
<TD>4月26日</TD>
</TR>
</TABLE>

TD

- 開始タグ:省略不可 終了タグ:省略可 -

【説明】

この要素は、表を構成するセルのうち、内容としてデータを持つセルを表わします。内容が列のタイトルを表わすヘッダである場合には、TH要素を使用します。ただし、表の形態によってはデータセルとヘッダセルを明確に分類できない場合もあります。そのような場合にはTD要素を使用してください。

この要素は、セル内にデータ(内容)を含まない空要素にすることもできます。また、「rowspan」属性や「colspan」属性を使用すると、縦または横方向に複数のセルを連結して1つのセルにすることができます。

【属性】

headers = IDREFS (CS)
データセルに対応するヘッダセルを指定します。この属性の値には、ヘッダセルで指定されているID属性の値を(複数ある場合は)スペースで区切ったリストを記述します。この属性は、表が音声で表現される場合(各データの前にヘッダが読み上げられる)や、スタイルシートなどに利用されます。
scope = row | col | rowgroup | colgroup (CI)
ヘッダセルのヘッダとしての情報が該当するセルの範囲を指定します。単純な形式の表の場合には、headers属性よりもこの属性を利用すると便利です。
abbr = テキスト (CS)
セルの内容を省略した短い形で記述します。例えば、表が音声で表現される場合には、列のタイトルと各データの繰り返しで読み上げられますが、そのような場合に利用される短い表現を記述しておきます。また、表を表示するためのじゅうぶんなスペースがないような場合にも、ここで指定した省略形が利用されます。
axis = CDATA (CI)
セルをカテゴリー分けできるように、カテゴリー名を指定します。「,」で区切って複数のカテゴリー名を記述することもできます。主にヘッダセルに対して使用され、headers属性やscope属性によって他のセルと関連付けられます。各セルをカテゴリーに分けることによって、例えば音声で表を表現する場合などに、必要な部分のみを抜き出して読み上げさせるようなことが可能になります。
rowspan = NUMBER (CN)
このセルから、指定された数の下方向のセルを連結して1つのセルにします。デフォルト値は1です。0が指定された場合には、このセルから同じセクション(THEAD, TBODY, TFOOT)内の一番下までのセルを連結します。
colspan = NUMBER (CN)
このセルから、指定された数の右方向(言語によっては左方向)のセルを連結して1つのセルにします。デフォルト値は1です。0が指定された場合には、このセルから同じグループ(COLGROUP)内の一番右までのセルを連結します。
align = left | center | right | justify | char (CI)
セルに含まれるデータの行揃えを指定します。
valign = top | middle | bottom | baseline (CI)
セルに含まれるデータの縦方向の位置を指定します。
char = 任意の1文字 (CN)
align属性の値としてcharを指定した場合の、位置を揃える文字を指定します。デフォルトは、その範囲のlang属性で指定される言語での小数点を表わす文字(一般的にはピリオド)です。
charoff = LENGTH (CN)
align属性の値としてcharを指定した場合の、セルの端から位置を揃える文字までの距離を指定します。位置を揃える文字が含まれない場合には、文末がその位置に揃えられます。
※この属性は廃止される予定です。
nowrap (CI)
セル内の文字を自動的に改行しないように設定します。このような設定は、スタイルシートで行うようにしてください。
※この属性は廃止される予定です。
width = PIXELS (CN)
セルの幅をピクセル単位で指定します。
※この属性は廃止される予定です。
height = PIXELS (CN)
セルの高さをピクセル単位で指定します。
※この属性は廃止される予定です。
bgcolor = (CI)
横方向の列の背景色を指定します。

id = NAME (CS)

class = CDATAリスト (CS)

lang = 言語コード (CI)

dir = LTR | RTL (CI)

title = テキスト (CS)

style = スタイルシート (CN)

・onclick = スクリプト (CT)
 ondblclick = スクリプト (CT)
 onmousedown = スクリプト (CT)
 onmouseup = スクリプト (CT)
 onmouseover = スクリプト (CT)
 onmousemove = スクリプト (CT)
 onmouseout = スクリプト (CT)
 onkeypress = スクリプト (CT)
 onkeydown = スクリプト (CT)
 onkeyup = スクリプト (CT)

【DTD】  Strict DTD

<!ENTITY % flow "%block; | %inline;">
<!ELEMENT (TH|TD) - O (%flow;)* -- table header cell, table data cell-->

<!-- Scope is simpler than axes attribute for common tables -->
<!ENTITY % Scope "(row|col|rowgroup|colgroup)">

<!-- TH is for headers, TD for data, but for cells acting as both use TD -->
<!ATTLIST (TH|TD) -- header or data cell --
  %attrs; -- %coreattrs, %i18n, %events --
  abbr %Text; #IMPLIED -- abbreviation for header cell --
  axis CDATA #IMPLIED -- comma-separated list of related headers--
  headers IDREFS #IMPLIED -- list of id's for header cells --
  scope %Scope; #IMPLIED -- scope covered by header cells --
  rowspan NUMBER 1 -- number of rows spanned by cell --
  colspan NUMBER 1 -- number of cols spanned by cell --
  %cellhalign; -- horizontal alignment in cells --
  %cellvalign; -- vertical alignment in cells --
>

【使用例】

<TABLE border="1" summary="この表は、私の今月の釣果を示します。魚の種類に対して、その最大サイズと釣った日付が記入されています。">
<CAPTION>今月の釣果</CAPTION>
<TR>
<TH>魚の種類</TH>
<TH>最大サイズ</TH>
<TH>日付</TH>
</TR>
<TR>
<TD>メバル</TD>
<TD>28cm</TD>
<TD>4月10日</TD>
</TR>
<TR>
<TD>アイナメ</TD>
<TD>34cm</TD>
<TD>4月19日</TD>
</TR>
<TR>
<TD>ホッケ</TD>
<TD>47cm</TD>
<TD>4月26日</TD>
</TR>
</TABLE>

THEAD

- 開始タグ:省略不可 終了タグ:省略可 -

【説明】

この要素は、その範囲が表のヘッダ部分であることを示し、表の縦の列に関する情報を記述します。この範囲には、TR要素によって定義される横の列を少なくとも1つ以上含んでいなければなりません。表を構成する横方向の列は、THEAD・TFOOT・TBODY要素によって、それぞれヘッダ・フッタ・本体にグループ分けすることができます。それよってヘッダとフッタ部分を固定したまま本体部分のデータのみをスクロールして見ることや、印刷時に各ページにヘッダとフッタをつけることなどが可能になります。

【属性】

align = left | center | right | justify | char (CI)
セルに含まれるデータの行揃えを指定します。
valign = top | middle | bottom | baseline (CI)
セルに含まれるデータの縦方向の位置を指定します。
char = 任意の1文字 (CN)
align属性の値としてcharを指定した場合の、位置を揃える文字を指定します。デフォルトは、その範囲のlang属性で指定される言語での小数点を表わす文字(一般的にはピリオド)です。
charoff = LENGTH (CN)
align属性の値としてcharを指定した場合の、セルの端から位置を揃える文字までの距離を指定します。位置を揃える文字が含まれない場合には、文末がその位置に揃えられます。

id = NAME (CS)

class = CDATAリスト (CS)

lang = 言語コード (CI)

dir = LTR | RTL (CI)

title = テキスト (CS)

style = スタイルシート (CN)

・onclick = スクリプト (CT)
 ondblclick = スクリプト (CT)
 onmousedown = スクリプト (CT)
 onmouseup = スクリプト (CT)
 onmouseover = スクリプト (CT)
 onmousemove = スクリプト (CT)
 onmouseout = スクリプト (CT)
 onkeypress = スクリプト (CT)
 onkeydown = スクリプト (CT)
 onkeyup = スクリプト (CT)

【DTD】  Strict DTD

<!ELEMENT THEAD - O (TR)+ -- table header -->
<!ATTLIST (THEAD|TBODY|TFOOT) -- table section --
  %attrs; -- %coreattrs, %i18n, %events --
  %cellhalign; -- horizontal alignment in cells --
  %cellvalign; -- vertical alignment in cells --
>

【使用例】

表ヘッダ・表本体・表フッタは、以下のような順序で指定します。

<TABLE>
<THEAD>
     <TR> 〜表ヘッダ〜 </TR>
</THEAD>
<TFOOT>
     <TR> 〜表フッタ〜 </TR>
</TFOOT>
<TBODY>
     <TR> 〜表本体1〜 </TR>
     ・・・・・
</TBODY>
<TBODY>
     <TR> 〜表本体2〜 </TR>
     ・・・・・
</TBODY>
</TABLE>

TFOOT

- 開始タグ:省略不可 終了タグ:省略可 -

【説明】

この要素は、その範囲が表のフッタ部分であることを示し、表の縦の列に関する情報を記述します。この範囲には、TR要素によって定義される横の列を少なくとも1つ以上含んでいなければなりません。表を構成する横方向の列は、THEAD・TFOOT・TBODY要素によって、それぞれヘッダ・フッタ・本体にグループ分けすることができます。それよってヘッダとフッタ部分を固定したまま本体部分のデータのみをスクロールして見ることや、印刷時に各ページにヘッダとフッタをつけることなどが可能になります。データ部分がすべてロードされる前にフッタを表示できるように、この要素は本体部分(TBODY要素)の前に記述しなければなりません。

【属性】

align = left | center | right | justify | char (CI)
セルに含まれるデータの行揃えを指定します。
valign = top | middle | bottom | baseline (CI)
セルに含まれるデータの縦方向の位置を指定します。
char = 任意の1文字 (CN)
align属性の値としてcharを指定した場合の、位置を揃える文字を指定します。デフォルトは、その範囲のlang属性で指定される言語での小数点を表わす文字(一般的にはピリオド)です。
charoff = LENGTH (CN)
align属性の値としてcharを指定した場合の、セルの端から位置を揃える文字までの距離を指定します。位置を揃える文字が含まれない場合には、文末がその位置に揃えられます。

id = NAME (CS)

class = CDATAリスト (CS)

lang = 言語コード (CI)

dir = LTR | RTL (CI)

title = テキスト (CS)

style = スタイルシート (CN)

・onclick = スクリプト (CT)
 ondblclick = スクリプト (CT)
 onmousedown = スクリプト (CT)
 onmouseup = スクリプト (CT)
 onmouseover = スクリプト (CT)
 onmousemove = スクリプト (CT)
 onmouseout = スクリプト (CT)
 onkeypress = スクリプト (CT)
 onkeydown = スクリプト (CT)
 onkeyup = スクリプト (CT)

【DTD】  Strict DTD

<!ELEMENT TFOOT - O (TR)+ -- table footer -->
<!ATTLIST (THEAD|TBODY|TFOOT) -- table section --
  %attrs; -- %coreattrs, %i18n, %events --
  %cellhalign; -- horizontal alignment in cells --
  %cellvalign; -- vertical alignment in cells --
>

【使用例】

表ヘッダ・表本体・表フッタは、以下のような順序で指定します。

<TABLE>
<THEAD>
     <TR> 〜表ヘッダ〜 </TR>
</THEAD>
<TFOOT>
     <TR> 〜表フッタ〜 </TR>
</TFOOT>
<TBODY>
     <TR> 〜表本体1〜 </TR>
     ・・・・・
</TBODY>
<TBODY>
     <TR> 〜表本体2〜 </TR>
     ・・・・・
</TBODY>
</TABLE>

TBODY

- 開始タグ:省略可 終了タグ:省略可 -

【説明】

この要素は、その範囲が表の本体部分であることを示し、表のデータとなる列を記述します。この範囲には、TR要素によって定義される横の列を少なくとも1つ以上含んでいなければなりません。表を構成する横方向の列は、THEAD・TFOOT・TBODY要素によって、それぞれヘッダ・フッタ・本体にグループ分けすることができます。それよってヘッダとフッタ部分を固定したまま本体部分のデータのみをスクロールして見ることや、印刷時に各ページにヘッダとフッタをつけることなどが可能になります。表の本体部分(TBODY)が1つだけで、ヘッダとフッタが無い場合にのみ、開始タグ(と終了タグ)を省略することができます。

【属性】

align = left | center | right | justify | char (CI)
セルに含まれるデータの行揃えを指定します。
valign = top | middle | bottom | baseline (CI)
セルに含まれるデータの縦方向の位置を指定します。
char = 任意の1文字 (CN)
align属性の値としてcharを指定した場合の、位置を揃える文字を指定します。デフォルトは、その範囲のlang属性で指定される言語での小数点を表わす文字(一般的にはピリオド)です。
charoff = LENGTH (CN)
align属性の値としてcharを指定した場合の、セルの端から位置を揃える文字までの距離を指定します。位置を揃える文字が含まれない場合には、文末がその位置に揃えられます。

id = NAME (CS)

class = CDATAリスト (CS)

lang = 言語コード (CI)

dir = LTR | RTL (CI)

title = テキスト (CS)

style = スタイルシート (CN)

・onclick = スクリプト (CT)
 ondblclick = スクリプト (CT)
 onmousedown = スクリプト (CT)
 onmouseup = スクリプト (CT)
 onmouseover = スクリプト (CT)
 onmousemove = スクリプト (CT)
 onmouseout = スクリプト (CT)
 onkeypress = スクリプト (CT)
 onkeydown = スクリプト (CT)
 onkeyup = スクリプト (CT)

【DTD】  Strict DTD

<!ELEMENT TBODY O O (TR)+ -- table body -->
<!ATTLIST (THEAD|TBODY|TFOOT) -- table section --
  %attrs; -- %coreattrs, %i18n, %events --
  %cellhalign; -- horizontal alignment in cells --
  %cellvalign; -- vertical alignment in cells --
>

【使用例】

表ヘッダ・表本体・表フッタは、以下のような順序で指定します。

<TABLE>
<THEAD>
     <TR> 〜表ヘッダ〜 </TR>
</THEAD>
<TFOOT>
     <TR> 〜表フッタ〜 </TR>
</TFOOT>
<TBODY>
     <TR> 〜表本体1〜 </TR>
     ・・・・・
</TBODY>
<TBODY>
     <TR> 〜表本体2〜 </TR>
     ・・・・・
</TBODY>
</TABLE>

COLGROUP

- 開始タグ:省略不可 終了タグ:省略可 -

【説明】

この要素は、表の縦方向の列の構造的なグループ化を行います。縦方向の列をいくつグループ化するかは、この要素の「span」属性を使用するか、またはこの要素内でCOL要素を使用して指定するかの、どちらか一方の方法で決定します。この要素やCOL要素を使用して各縦列の幅を指定することで、すべてのデータがロードされる前に、表が横一列ずつ表示されるようにすることができます。

【属性】

span = NUMBER (CN)
グループ化する縦方向の列の数を指定します。この属性が指定されていない場合は1列が指定されたことになりますが、指定する場合には必ず1以上の整数を指定してください。COLGROUP要素の中にCOL要素が含まれている場合は、この属性は無視されます。
width = MULTILENGTH (CN)
グループに含まれるそれぞれの縦方向の列のデフォルトの幅を指定します。一般的なピクセルやパーセントによる指定の他に「0*」という指定の方法もあります。「0*」を指定すると、それぞれの列の内容を表示するための必要最小限の幅で表示します。ただし、「0*」を指定すると、すべてのデータがロードされる前に、表を横一列ずつ表示させることはできなくなります。グループ内のCOL要素でwidth属性が指定されている場合にはそちらが優先されます。
align = left | center | right | justify | char (CI)
セルに含まれるデータの行揃えを指定します。
valign = top | middle | bottom | baseline (CI)
セルに含まれるデータの縦方向の位置を指定します。
char = 任意の1文字 (CN)
align属性の値としてcharを指定した場合の、位置を揃える文字を指定します。デフォルトは、その範囲のlang属性で指定される言語での小数点を表わす文字(一般的にはピリオド)です。
charoff = LENGTH (CN)
align属性の値としてcharを指定した場合の、セルの端から位置を揃える文字までの距離を指定します。位置を揃える文字が含まれない場合には、文末がその位置に揃えられます。

id = NAME (CS)

class = CDATAリスト (CS)

lang = 言語コード (CI)

dir = LTR | RTL (CI)

title = テキスト (CS)

style = スタイルシート (CN)

・onclick = スクリプト (CT)
 ondblclick = スクリプト (CT)
 onmousedown = スクリプト (CT)
 onmouseup = スクリプト (CT)
 onmouseover = スクリプト (CT)
 onmousemove = スクリプト (CT)
 onmouseout = スクリプト (CT)
 onkeypress = スクリプト (CT)
 onkeydown = スクリプト (CT)
 onkeyup = スクリプト (CT)

【DTD】  Strict DTD

<!ELEMENT COLGROUP - O (col)* -- table column group -->
<!ATTLIST COLGROUP
  %attrs; -- %coreattrs, %i18n, %events --
  span NUMBER 1 -- default number of columns in group --
  width %MultiLength; #IMPLIED -- default width for enclosed COLs --
  %cellhalign; -- horizontal alignment in cells --
  %cellvalign; -- vertical alignment in cells --
>

【使用例】

以下の例では、COLGROUP要素とCOL要素でそれぞれ縦列の幅を指定する方法を示しています。

<COLGROUP span="40" width="53">
</COLGROUP>

<COLGROUP>
<COL width="53">
<COL width="53">
・・・・・・
</COLGROUP>

以下の例では、40個の縦列のうち最後の列のみ幅が異なる場合の指定を示しています。

<COLGROUP width="53">
    <COL span="39">
    <COL width="80">
</COLGROUP>

以下の例の場合には、縦列の幅は次のように決定されます。
まず、最初の2列は幅が50ピクセルです。3列めは内容にあわせて必要最小限の幅になります。4〜6列めは、残りのスペースが6分割(1+2+3)されて、1:2:3の割合で幅が割り当てられます。

<TABLE>
<COLGROUP>
   <COL width="50">
<COLGROUP>
   <COL width="50">
   <COL width="0*">
   <COL width="1*">
<COLGROUP>
   <COL width="2*">
   <COL width="3*">
<THEAD>
<TR>・・・</TR>
・・・・・
</TABLE>

 COL

- 開始タグ:省略不可 終了タグ:なし -

【説明】

この要素は、表の縦列に対して同じ属性の指定を共有させるために使用します。この要素は、表の縦列を構造的にグループ化するものではありません(構造的にグループ化する場合はCOLGROUP要素を使用します)。この要素は、要素の内容を含まない空要素で、属性を指定する目的のみに使用されます。COLGROUP要素の内部にでも外部にでも使用できます。この要素やCOLGROUP要素を使用して各縦列の幅を指定することで、すべてのデータがロードされる前に、表が横一列ずつ表示されるようにすることができます。

【属性】

span = NUMBER (CN)
属性を共有させる縦方向の列の数を指定します。デフォルト値は1です。値には1以上の整数を指定してください。
width = MULTILENGTH (CN)
縦方向の列のデフォルトの幅を指定します。span属性によって複数の列が指定されている場合には、それぞれの列のデフォルトの幅になります。一般的なピクセルやパーセントによる指定の他に「0*」という指定の方法もあります。「0*」を指定すると、それぞれの列の内容を表示するための必要最小限の幅で表示します。ただし、この指定を行うと、すべてのデータがロードされる前に、表を横一列ずつ表示させることはできなくなります。COL要素でのwidth属性は、COLGROUP要素のwidth属性を上書きします。
align = left | center | right | justify | char (CI)
セルに含まれるデータの行揃えを指定します。
valign = top | middle | bottom | baseline (CI)
セルに含まれるデータの縦方向の位置を指定します。
char = 任意の1文字 (CN)
align属性の値としてcharを指定した場合の、位置を揃える文字を指定します。デフォルトは、その範囲のlang属性で指定される言語での小数点を表わす文字(一般的にはピリオド)です。
charoff = LENGTH (CN)
align属性の値としてcharを指定した場合の、セルの端から位置を揃える文字までの距離を指定します。位置を揃える文字が含まれない場合には、文末がその位置に揃えられます。

id = NAME (CS)

class = CDATAリスト (CS)

lang = 言語コード (CI)

dir = LTR | RTL (CI)

title = テキスト (CS)

style = スタイルシート (CN)

・onclick = スクリプト (CT)
 ondblclick = スクリプト (CT)
 onmousedown = スクリプト (CT)
 onmouseup = スクリプト (CT)
 onmouseover = スクリプト (CT)
 onmousemove = スクリプト (CT)
 onmouseout = スクリプト (CT)
 onkeypress = スクリプト (CT)
 onkeydown = スクリプト (CT)
 onkeyup = スクリプト (CT)

【DTD】  Strict DTD

<!ELEMENT COL - O EMPTY -- table column -->
<!ATTLIST COL -- column groups and properties --
  %attrs; -- %coreattrs, %i18n, %events --
  span NUMBER 1 -- COL attributes affect N columns --
  width %MultiLength; #IMPLIED -- column width specification --
  %cellhalign; -- horizontal alignment in cells --
  %cellvalign; -- vertical alignment in cells --
>

【使用例】

以下の例では、COLGROUP要素とCOL要素でそれぞれ縦列の幅を指定する方法を示しています。

<COLGROUP span="40" width="53">
</COLGROUP>

<COLGROUP>
<COL width="53">
<COL width="53">
・・・・・・
</COLGROUP>

以下の例では、40個の縦列のうち最後の列のみ幅が異なる場合の指定を示しています。

<COLGROUP width="53">
    <COL span="39">
    <COL width="80">
</COLGROUP>

以下の例の場合には、縦列の幅は次のように決定されます。
まず、最初の2列は幅が50ピクセルです。3列めは内容にあわせて必要最小限の幅になります。4〜6列めは、残りのスペースが6分割(1+2+3)されて、1:2:3の割合で幅が割り当てられます。

<TABLE>
<COLGROUP>
   <COL width="50">
<COLGROUP>
   <COL width="50">
   <COL width="0*">
   <COL width="1*">
<COLGROUP>
   <COL width="2*">
   <COL width="3*">
<THEAD>
<TR>・・・</TR>
・・・・・
</TABLE>

| はじめに | HTML4.0について | 全体構造 |
| テキスト | リスト | テーブル | リンク | 画像・オブジェクト |
| 言語情報・文字方向 | スタイルシート | レイアウト・スタイル |
| フレーム | フォーム | スクリプト |

E-mail:webmaster@zspc.com