※下の文章は、行間をフォントサイズの1.5倍に設定した例です。

 このページは「JavaScript Style Sheets」のサンプルページです。ここに表示されている文字は <BLOCKQUOTE> タグで囲まれていますが、この例ではその範囲の行間を文字サイズの1.5倍に設定しています。下に行間を設定しない文章を表示していますが、特に長い文章の場合、どちらが読みやすいかは一目瞭然です。

 このページのように行間を設定しても、スタイルシートに未対応のブラウザには全く影響がありませんので、文章の多いページでは行間を設定するようにした方がいいと思われます。ただし、文章がほとんどないようなページやレイアウトを重視するページなどは例外となるかもしれません。つまり、行間を広く取るということは、当然そのページがタテに長くなるわけで、スタイルシートに対応していないブラウザで見た場合にはタテの長さが全然違ってくるということを考慮しなければならないということです。


※ここから下は、標準の行間の文章です。

 このページは「JavaScript Style Sheets」のサンプルページです。ここに表示されている文字は <BLOCKQUOTE> タグで囲まれていますが、この例ではその範囲の行間を文字サイズの1.5倍に設定しています。下に行間を設定しない文章を表示していますが、特に長い文章の場合、どちらが読みやすいかは一目瞭然です。

 このページのように行間を設定しても、スタイルシートに未対応のブラウザには全く影響がありませんので、文章の多いページでは行間を設定するようにした方がいいと思われます。ただし、文章がほとんどないようなページやレイアウトを重視するページなどは例外となるかもしれません。つまり、行間を広く取るということは、当然そのページがタテに長くなるわけで、スタイルシートに対応していないブラウザで見た場合にはタテの長さが全然違ってくるということを考慮しなければならないということです。