contents

JSS リファレンス編

その他

display

【説 明】

指定された範囲をどのように表示するかを指定します。


【 値 】

block

指定された範囲を「H1」や「P」などのようなボックスとして表示します。ボックスの前後で改行されます。

inline

指定された範囲をインラインのボックスとして表示します。したがって、ボックスの前後で改行されません。

list-item

指定された範囲を「LI」のようなリストとして表示します。リストのマークが表示される事以外は、「block」と同様です。

none

指定された範囲とそこに含まれるものすべてを表示しないように設定します。


【使用例】

以下の例では、表示方法をそれぞれ設定しています。

tags.P.display = "block";

tags.EM.display = "inline";

tags.LI.display = "list-item";

tags.IMG.display = "none";


listStyleType

【説 明】

各リスト項目の前に表示されるマークを設定します。


【 値 】

disc

マークを黒丸に設定します。

circle

マークを白丸に設定します。

square

マークを四角に設定します。

decimal

マークを数字に設定します。

lower-roman

マークを小文字のローマ数字に設定します。

upper-roman

マークを大文字のローマ数字に設定します。

lower-alpha

マークを小文字のアルファベットに設定します。

upper-alpha

マークを大文字のアルファベットに設定します。

none

マークを表示しません。


【使用例】

以下の例では、様々なマークの設定例を示しています。

tags.OL.listStyleType = "decimal";

tags.OL.listStyleType = "upper-roman";

tags.OL.listStyleType = "upper-alpha";


whiteSpace

【説 明】

指定された範囲のスペースをどう取り扱うかを設定します。


【 値 】

normal

連続する複数のスペースを1つのスペースとして表示します。通常のHTMLでの取り扱いと同様です。

pre

<PRE>タグで指定された範囲と同様に、スペースを記述された通りに表示します。


【使用例】

以下の例では、スペースを記述された通りに表示するように設定しています。

tags.PRE.whiteSpace = "pre";